ゴルフのルール_構えた時ティーからボールが落ちたら?/空振りした風圧でボールが落ちたら?_ティーイングエリア内

ゴルフのルール楽しく覚えよう第1弾!

ティーイングエリア内でのこんなときどうなる?です(*´ω`)



構えたらティーからボールが落ちた

【状況】
ティーアップしているボールを打とうとクラブヘッドをボールの後ろに置いて構えたら、ヘッドがボールに触れて、ティーからボールが落ちてしまった。

無罰

ボールを拾い上げて、再度ティーアップし続行してくださいね(*´ω`)

【ルール説明】
ティーアップされたボールは、打つ意思を持って打たなければインプレーになりません。

無罰で再度ティーアップして打てますよ(^^♪

みなさん、ショットを打つ直前にクラブヘッドを左右に軽く動かしたり、その場で足踏みしたり、ショットする直前まで動きますか?

この動作のことを、「ワッグル」と言います。

この「ワッグル」をしているときに、クラブヘッドがボールに触れてティーから落ちてしまった場合でも無罰です。

このルールのポイントは、

打つ意思があったか否か!

打つ意思がなかったら、無罰でやり直せます。

注意:不可抗力で触れて動いてしまった場合、無罰でやり直せるのはティーイングエリアとグリーン上のみ。
ジェネラルエリアでは不可抗力であっても1打とカウントします。

気を付けましょうね(*´ω`)

関連記事
ジェネラルエリア内/構えたらボールが動いてしまった/構えたらボールが揺れてしまった→今度書く予定~少々お待ちを。

空振りして落ちたボールをそのまま打った

【状況】
打つつもりでスイングしたら空振り・・・風圧でティーからボールが落ちてしまったので、そのまま落ちた地点から打った。

無罰

打つ意思を持って空振りした風圧で落ちたボールはストロークしたことになり、インプレーになります。つまり1打とカウントするんですね。
よって、落ちて止まった地点から2打目を打ったことになるので罰はありません。

これが先ほどの「ワッグル」の途中で触れて落としてしまった場合と違うところですね。

打つ意思があったか否か。

「ワッグル」は打つ意思がなく不可抗力で触れたためインプレーにならず、打つ意思があった空振りはインプレーになる。

ただ、罰はありません。

ここで、2019改定ルール!

空振りの風圧でティーから落ちたボールを再ティーアップして2打目として打てるようになりました!

再ティーアップできるんですよ!

先ほどは、落ちた地点からそのまま2打目として打ちましたが、再ティーアップしても罰なしで2打目として打てるんです。
これが2019年から改正されたところ。

ただ、空振り風圧で落ちたボールが止まった地点が重要になります。

落ちた地点が・・・
ティーイングエリア内→再ティーアップして2打目として打てる。
ティーイングエリア外→再ティーアップした場合、旧規則通り1打罰が課せられ、結果3打目となる。

ティーマーカーの横ギリギリにティーアップしてると再ティーアップはできないですね。
ポロっと落ちただけでティーイングエリア外ですから(;´Д`)

お気を付けくださいませです。

まとめ

・ティーイングエリア内では、不可抗力でボールを動かしてしまった場合、インプレーにならず無罰。

・打つ意思を持ってボールを動かしてしまった場合、インプレーになり1ストロークとみなす。

・打つ意思を持ってボールを動かし、止まった地点がティーイングエリア内なら再ティーアップしても無罰。

・打つ意思を持ってボールを動かし、止まった地点がティーイングエリア外で再ティーアップした場合、1打罰。

 

う~ん、ややこしい(*´ω`)笑

まぁ、競技じゃないですからね、エンジョイゴルフではこれだけ覚えておきましょう。

ティーイングエリア内では、打つ意思があったかか否かが重要!

意思があったら1ストローク、無かったらやり直せる!

 

意思に反して触ってしまっても大丈夫ということですね。

 

では、素敵なゴルフライフを(=゚ω゚)ノ

りいなでした♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です