サラリーマンでもゴルフを極める!70台は平均どれくらいの割合なの?




仕事をしていても好きなゴルフは続けたい。

大好きなゴルフだからこそ今よりも上達してさらに上を目指したい。

70台というスコアに到達したい。

ゴルフのスコアで70台という数字は、最終的な目標スコアとも言えます。

今回は、70台のスコアを持っている人は全体のどれくらいの割合なのか、70台のスコアを出す秘訣は何なのかについて解説していきます。

ゴルフのスコアで70台は至難の業!どれくらいの割合なのか紹介!

ゴルフのスコアで、70台を維持してプレーしている人の割合は全体のわずか3%程度です。

そして、70台のゴルフのスコアを持っている人は、ゴルフ歴が10年以上の人がほとんどです。

データ上ではアマチュアの人が70台を出すことは難しそうです。

ゴルフの世界には「80の壁」という言葉がある通り、80台まではギリギリ行けても、そこから上へ行くのが難しいスポーツです。

70台のスコアを出すためには技術だけではなく戦略性も必要です。

ここで細かな戦略性については触れませんが、一つ言えることは70台を狙うならダブルボギーは絶対にNGということです。

逆に言うと、ボギーはハーフに4つまでと考えれば、何とかギリギリで70台のスコアを目指すことができます。

70台のスコアにボギーはNGというわけではないので、2ホールに1回までならボギーでもOKです。

ハーフに4つのボギーで18ホール回ると、スコアは80となります。

ここから70台に持っていくわけですが、最初の内は運も絡んできます。

ロングパットやベタピンが決まるなどすれば、70台のスコアにも手が届きます。

また、70台を狙う際に必要なことはドライバーとパターでスコアを崩さないこと。

しっかりとティーショットで飛距離を稼いで、最後はしっかりパターで決める。

プレー中はナイスショットを目指すのではなく、ミスショットを減らすようにする。

飛距離と方向性の両立を目指して、狙った位置に打てる技術を身に付けましょう。

また、飛距離を出すためのトレーニングをすることも大事になってきます。

サラリーマンでもゴルフがしたい!70台を目指す!レッスンや練習について!

70台のゴルフスコアを目指すためには、特にパターとアプローチの練習が大事です。

アプローチの練習は人工芝のマットではなく、実際の練習場にあるグリーンで行う。

パターもしくはアプローチだけ強化的に練習するとかではなく、すべてのショットにおいて、まんべんなく充実した練習を取り入れることが大事です。

パターは家でも簡単に練習できるので、狙った位置に正確に打てるまで練習しましょう。

狙った位置にボールが打てるようになると、70台を目指す上でとても有利になります。

飛距離を出すことは確かに大事ですが、それ以上にゴルフでは正確性が求められます。

コース上にはハザードなどの障害物があるので、それらを避けながらボールを打ちます。

こういった状況下では、ボールのコントロール性が求められるので、安定したスイングを身に着けておくことでスコアアップへと繋がるのです。

ゴルフのレッスンDVDなども参考にして積極的に技術を取り入れましょう。

頭でイメージして考えることも70台のスコアを出すためには必要不可欠です。

サラリーマンなど仕事をしている方はなかなか練習する機会がないかもしれません。

70台のスコアを出すためには練習量も大事ですが、何よりも丁寧な練習が大事です。

短時間でいいので、毎日少しずつ丁寧な練習をすることを心がけましょう。

ちなみに、2015年3月17日号の「週刊ゴルフダイジェスト」のデータによると、サラリーマンの平均スコアは99.64となっています。

また、サラリーマンで70台のスコアを持っている人は100人中2~3人程度とかなり少ないです。

ですので、サラリーマンのような月1ゴルファーで100切りをしているとすればかなりの腕前と言えるでしょう。

まとめ

ゴルフのスコアで70台を出すのは確かに難しいかもしれません。

でも練習を工夫して、時には上手な人のプレーを真似することでも上達に繋がることもあります。毎日の中でも工夫次第で練習はできます。

まずは100切りを目指して、そこからステップアップするのもいいですね。

70台のスコアを目指して、がんばって練習をしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です