ゴルフシューズ、スパイクありとスパイクレスの違いって!?




ゴルフをする時に準備するもので大切なのがスパイクです。

芝生の上を移動するゴルフは、クラブももちろん大切ですがしっかりと体を支えるゴルフシューズも大切です。

そんなゴルフシューズにはスパイクがついているものとスパイクレスの二つがあります。

体を固定していいショットを打つためには、スパイクがあった方がいいという風に考えられがちですが、実はそういうわけでもありません。

スパイクありとスパイクレスにはそれぞれ特徴があり、どちらにもいいところがあります。

そこで、今回はゴルフシューズについて紹介していきます。

ゴルフシューズのスパイクレス、評価はどうなってるの?

ゴルフをするときに大切なゴルフシューズ、自分に合ったものを選ぶことが一番ですが、スパイクレスかそうでないかでかなり評価や選ぶ基準が変わってきます。

というのも、スパイクがあるタイプとスパイクレスタイプでは全く特徴が違いますので、それぞれ好みの人がいて評価も変わってきます。

そこで、それぞれの特徴について紹介していきます。

まずスパイクありについてです。

スパイクありといっても、いわゆる金属のスパイクではありません。

最近のスパイクありのシューズはソフトスパイクと呼ばれており、樹脂で出来たスパイクが靴の裏についています。

これが最大の特徴で、スパイクありはスパイクなしに比べて滑りにくくなっています。

足で踏ん張らなくてはいけないことが多いゴルフは、こういった踏ん張りが効くかどうかがとても大切です。

踏ん張りが効かずに滑ってしまっては、快適にゴルフを楽しむことができなくなってしまいます。

ですので、しっかりとした踏ん張りが欲しい方にはスパイクありのゴルフシューズがオススメです。

もう一つがスパイクレスです。

こちらはスパイクが付いていないことが特徴になりますが、では付いていないとなにがいいのか、これは軽いことが特徴になります。

スパイクは樹脂で出来てはいますが、それでもなしよりもある程度重さのあるゴルフシューズになります。

重量感のあるシューズはどうしても扱いが難しくなってしまいますので、初心者には難しい靴でもあります。

その点、スパイクレスのシューズは軽く扱いやすいですし、誰でも使うことができる特徴があります。

どちらが優れているというよりは、どちらも特徴がありますので、好みや自分の用途によって使い分けてみてください。

ゴルフシューズ、スパイクレスが人気!?

ゴルフシューズはスパイクレスとスパイクありがあると紹介しましたが、最近ではスパイクレスが人気になってきています。

というのも、最近のモデルはスパイクレスでも滑りにくい構造のものが販売され始めたからです。

スパイクレスは扱いやすいけど滑りやすい、これを最近は覆してきているので、初心者の方はもちろん、ある程度ゴルフをやっている人でもその扱いやすさから人気になってきています。

スパイクありの重さはそれだけ気になるポイントということでもありますね。

もちろんスパイクありの方が確実に滑らないという点は変わらいませんが、人気になるくらいスパイクレスのゴルフシューズが進化してきています。

これからゴルフを始める方や、ゴルフシューズを購入するか悩んでいる方は、ぜひ一度スパイクレスを試してみてください。

まとめ

今回のことをまとめると、

・ゴルフシューズにはスパイクありとスパイクレスがある
・スパイクレスは軽い
・最近のスパイクレスは滑りにくくなっている

になります。

ゴルフはクラブはもちろん、シューズもとても大切な道具です。

ですので、自分に合ったものや適切なものを選ぶ必要があります。

ゴルフシューズはそれぞれ特徴がありますので、人気なものを選ぶのももちろんいいですが、自分に合っているかを確認して購入するようにしましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です