ウエストを痩せる方法必見!すぐに効果を得たい人へ1週間で効果も!?




夏も本番にさしかかってくる頃ですね!

夏といえば温泉や海など旅行や遊びに出かける人も増える時期です。

露出の多い格好もする機会も増えるので、
出来ればお腹周りもスッキリした状態にしたい!
と思う方も多いはず。

ですが良く聞く筋トレは時間がかかるものが多く、
今すぐに痩せたい!と言う方には少し気が遠くなりますよね…

そこで1週間でも効果を出やすくする方法をご紹介していきます。

1週間でウエストを痩せさせる方法!

1週間でウエストを痩せさせるなんて無理でしょ…と思う方も多いですよね。
ですがコツさえ掴めばたった1週間からでも効果は少しずつ見えてきます。

まず最初に知っておいて欲しいのが、いきなりハードな筋トレをすれば良いのではなくて、
短期間で効果を得たい場合は姿勢を正したりむくみをとったりする事の方をオススメします。

それから本格的に始めた方が正しく筋肉もつき、
更に痩せやすくなるのでぜひ体の歪みから直すことから始めましょう。

短期間ダイエットでして欲しいことの1つは「ストレッチ」や「マッサージ」です。

まず体の中の筋肉がカチコチに固まっている状態だと、伸縮性がなく痩せにくくなります。

筋肉が固まるとそれにつられて骨盤も引っ張られるため歪みが生じたりして痩せにくくなります。

あとは筋肉は体の大事な役割も果たしていて、全身に血液を巡らせているため筋肉が使われないと血流も悪くなり代謝もガックリ落ちていきます。

これらから見て分かる通りにいきなり筋トレをして筋肉を増やそう!
ではなく、
まずは固まった筋肉や脂肪をほぐして
血流を良くしたり体全体を柔らかくしなやかにする「ストレッチ」などを行うことで更に痩せやすい体を目指すことができます。

1番始めやすくオススメしたいのが「ウエストひねりストレッチ」です。
これは結構初心者の方でも始めやすく、体の中の筋肉もほぐれて温めやすくできるので紹介したいです。

まず足を肩幅に開いて立ちます。

そして手を胸の前で交差させます。

それから体の中心をずらさないようにして、上半身だけ左右にゆっくりひねっていきます。

これを左右10回1セットで1日3セット行います。
朝・昼・夜でも良いですし、昼が仕事で出来なければ朝か夜に2セット行うタイミングがあると良いですね。

ウエストを痩せさせる上で重要なポイント!

ウエストのくびれを作るためにやみくもに筋トレをしたり、動かしたりするのはNGです。
まずは体をこれから先も上手に燃焼させる準備が必要なんです。

1つは体を冷やさないようにすることです。
冷えは女性に多くありますが、血流が悪くなり老廃物を流しているリンパの流れも悪くなりがちなので本来もっと代謝できるはずの体なのに、効果が半減してしまいます。

ですので夏場は冷房がガンガン効いた部屋にいて薄着をしていたり、冷たいものばかり飲んだり、シャワーだけで済ませたりと体の冷えにつながる行為は控えるようにしましょう。

2つ目は食べ過ぎです。
これは勿論といえば勿論なのですが、
いくらストレッチをしたり筋トレをしても食べている量が変わらなければ痩せません。

カロリーオーバーするとあっという間にウエスト周りにお肉がついていきます。

なので野菜中心にしたり、
お肉も胸肉を積極的に食べたりと低カロリーで栄養のあるバランスの良い食事をとって
カロリーオーバーにならないようにしましょう。

もう1つくびれを作る上でぜひおすすめしたいのが呼吸法です。

ドローインというエクササイズの名称ですが、腹式呼吸をすることでインナーマッスルが鍛えられウエストへ効果が期待できます。

1日10回行えば良いので手軽に始められます。

やり方は、姿勢をよくピンと立ち鼻から息を吸ってお腹をしっかり膨らませます。
それからゆっくりと口から息を吐いてお腹をへこませます。
そしてそのままへこませて30秒キープ。呼吸は止めなくても大丈夫です。

これを10回やるだけでウエストにも効果があります。

ぜひ試して見てくださいね。

ウエストを痩せる方法_まとめ

色々と方法やポイントをご紹介しました。

ただやみくもにトレーニングをするのではなく、
短期間で痩せさせたい人ほどストレッチをしてほぐしたり、
毎日続けられそうなトレーニングにすることで効果も得られやすくなります。

夏に向けてウエストを作って、沢山海やプールなどを楽しみましょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です