足がつる原因とは!?ふくらはぎに必要な栄養があるってほんと!?




足がつるという経験は誰もがしたことがありますよね。

つるというのは、様々な原因から自分が動かそうとしても、それに逆らって筋肉が痙攣してしまう現象になります。

この状況になると痛みも強いですし、さらにはつる頻度が増してしまうこともあります。

そんなつった状態ですが、実はこの原因の一つに、ふくらはぎに必要な栄養素が足りていないことがあります。

今回はそういった足がつることについて紹介していきます。
足がつる症状に困っている方は必見です。

足がつる予防は運動でできる!?

足がつってしまう原因はいくつかあると考えており、しかもきちんとした原因がわかっていないという現状もあります。

ですが、その中でも足がつる症状の原因とされているものがいくつかあり、その一つが足の筋肉量の減少です。

また、年齢からくる動脈硬化も足がつる原因にもなっており、それらを改善する必要があります。

私も年齢を重ねるごとに足がつる症状が増えてしまっていたので、足をつることで困ってしまう機会が多かったです。

ではどうすれば予防をすることができるのか、一つの手段としては運動が改善になります。

先ほども紹介しましたが、足がつる原因の一つには足の筋肉の減少があります。

若いころであれば足の筋肉に困ることはありませんが、年齢を重ねることで筋肉量が減ってしまいます。

それによって足がつる原因になってしまいますので、足の筋肉を鍛えることによってそれを改善することができます。

また、筋肉を鍛えることによって血流の流れも良くなりますので、血行不良も改善することができます。

ですので、足を鍛えることはつる症状を改善する簡単な方法の一つなんです。

足がつるのは加齢や運動不足から来ることも少なくないので、まずはウォーキングやランニングなどはもちろん、筋肉を鍛えるならスクワットもオススメです。

足を鍛えるためにもスクワットは効果的ですし、さらに全体の脂肪を落とすのにも効果的です。

天気が悪い日や歩くのが苦手な方は、家の中でスクワットをするだけでも解消することができますし、運動不足の方ならダイエットにも効果的です。

足の大きな筋肉を使うので、消費カロリーも多くダイエットにも使えるのがスクワットの特徴です。

スクワット自体はとても簡単に行うことができますので、ぜひ実践して足をつる症状を改善してみてください。

足がつる原因には塩分が関係している!?

足がつる原因は筋肉量が減っていることもありますが、それ以外にもい塩分が関係していることがあります。

というのも、ミネラルが足りない状態が続くことで足がつる原因になります。

ですので、塩分やカルシウムなど、ミネラルを補給することが大切です。

特に夜に足がつる人はミネラル不足なことがあります。
これの対策としては、寝る前はもちろん、こまめに水分補給をすることが大切です。

通常は水でも大丈夫ですが、足がつる症状を改善するのであれば、スポーツドリンクでミネラルを補給しましょう。

私自身、足がつるようになってからはスポーツドリンクをこまめに飲むようになりました。

運動したり暑い日にはこまめにスポーツドリンクを飲むと、足がつる症状を予防することができます。

筋肉量が足りないからとスクワットなどを取り入れた際、汗をかいてミネラル不足になり足がつる症状になったことがあります。

運動をした後は足がつりやすい状態になっていることがありますので、運動後は特にただの水だけでなく、スポーツドリンクで水分を補給することをお勧めします。

こまめな対策で簡単に改善することができますので、スポーツドリンクもぜひ取り入れてみてください。

まとめ

今回のことをまとめると、

・足がつる症状には加齢から来る筋肉量の減少が関係している
・スクワットなど足を鍛えることで改善できる
・塩分不足でつる場合は、スポーツドリンクをこまめに補給する

になります。

足がつるとかなり痛いですし、なにより放置していると頻度が上がっていきます。

寝ているときや運動しているときに毎回足がつってしまっては、かなり生活しにくいです。

足がつる症状を改善するためには、筋トレやこまめな水分補給をして予防していきましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です