ゴルフクラブの本数制限って何本?おすすめのクラブとかある?




ゴルフクラブの本数制限は14本までと決められています。

ラウンドで15本以上使うことは出来ず、仮に使ったとしたら
ルール違反となり、ペナルティが下されます。

ゴルフクラブの本数制限に関するルールや罰則などは、少し複雑なので
分かりづらいこともあるかと思います。

今回は、ゴルフクラブの本数制限についてなるべく分かりやすく解説します。
違反した場合の処置や罰則、豆知識なども交えて解説していきます。

ゴルフクラブの本数制限は14本まで!何か理由とかあるの?

最初にも書きましたが、ゴルフクラブの本数制限は14本までとされています。

もし14本を超えるゴルフクラブを使用した場合、次のような罰則が下されます。

ストローク・プレーの場合、1ホール目で発見された場合は2打罰。

2ホール目、もしくはそれ以降で発見された場合、4打罰。

マッチ・プレーの場合は、違反が発見されたホール終了時点でのマッチ状態から、
違反があった各ホールについて1ホールずつ差し引かれる。

1ラウンドに差し引かれるのは最高2ホールまで。

では、故意ではなく間違えて15本以上入れていた場合にはどうなるのでしょうか。

実はこの場合でも違反となり、同じ罰則が下されます。

ペナルティはスコアに響くので、本数制限にはくれぐれも気を付けてください。

ここまで、ゴルフクラブの本数制限とそれに伴う罰則について解説してきました。

でもなんでゴルフクラブの本数制限は14本までとされているのでしょうか?
そもそも1800年の初頭までは本数制限はありませんでした。

ゴルフクラブの本数制限が14本とされたのにはいくつかの諸説があります。

その諸説の中で、少し面白いエピソードがあるので一つだけ紹介します。

1859年に行われた全英アマで、ジラードという選手が55本もの
クラブを樽に入れ、2台のリヤカーに積んで試合に挑みました。

この頃はまだ電動カートはなかったので、当時のキャディはとにかく大変だったそうです。

この試合の後、キャディはR&A(英国ゴルフ協会)に直訴しました。

早速、理事会が開かれてゴルフクラブの本数制限について話し合いがされました。

55本もゴルフクラブをセッティングしたジラード選手のこだわりもすごいと
思いますが、その中から選んで打つのは大変だったのではないでしょうか。

結局、1939年にゴルフクラブの本数制限は14本までと決められて、
クラブ選択におけるスロープレーの防止につながりました。

おすすめの組み合わせを紹介!特徴を把握しながらクラブを選ぼう!

14本という本数制限がある中で、実はそんなにも多くの本数を
セッティングしなくても有利に試合を運べる方法もあります。

おすすめの組み合わせは初心者の方にも最適な7本セット。

ドライバーとパターは絶対に使うから固定。

フェアウェイウッドは3番か5番のどちらか好きな方。

アイアンは飛距離を稼げてミスの少ない5番か6番、
さらにピッチングウェッジ、その間には8番も入れておきたい。

最後に、バンカーから脱出するためのサンドウェッジ。

以上がシンプルで使いやすいおすすめのセッティング。

もちろんコースの起伏や天候に合わせる必要がありますが、
これだけの本数でも快適にプレイが出来るのです。

もちろん、本数オーバーでペナルティを食らう心配もありません。

何よりもクラブ選びに迷わずに思い切りのいいプレイが出来ます。

初心者の方はもちろん、中級者や上級者の方も一度セッティングの
参考にして頂けたら幸いです。

まとめ

ゴルフクラブの本数制限が14本までと決められた背景には、
スロープレーの防止や、ゴルフをより楽しく快適にするためといった
様々な理由があるのですね。

確かにゴルフクラブの本数が多いと戦略的な細かい
プレイが出来ると思います。

一方、少ない本数の場合でも、思い切りのよいアグレッシブなプレイを
することが可能です。

14本という本数制限の中で、あなただけの戦術を生み出してください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です