ほうれん草のレシピで、人気のものって?ダイエット中におすすめなのはこちら!




ダイエット中には、運動をしっかりして体重を落とす!と意識している人でも、
食事にも気を使いますよね。

無理な食事制限をしてしまうと、体調を崩してしまうこともあるのでカロリーを
気にしつつも栄養バランスにも気をつけなければいけません。

ダイエット中におすすめの食材の中で、ほうれん草があります!
このホウレン草には栄養が豊富に含まれているだけではなくダイエットに
嬉しい効果もあるんですよ。

ほうれん草がダイエットにいい理由

食欲を抑える成分

実は、ほうれん草には食欲を抑える効果が期待できるチラコイドという成分が
含まれているんです。
このチラコイドというのは、満腹ホルモンを増やしてくれるという効果が
あり食べすぎ予防の効果が期待できるんです。

更に、この満腹感は一時的なものではなく長く続いてくれるので間食なども
抑えてくれるんですよ。
血糖値の上昇を抑えるという効果もあるといわれているので、ダイエット中には
とても嬉しいですね!

むくみ解消

ほうれん草には、カリウムも含まれています。
このカリウムは、利尿作用があるのでむくみの解消に効果があるんです。
むくみはダイエット中には大敵です!
むくみをスッキリ解消することで、ダイエットにもつながりますよ。

カロリーが低い

ほうれん草は、カロリーが低く糖質も低い食材です。
100gあたりのカロリーが20kcalというのがダイエット中には嬉しいですよね!

ほうれん草のレシピを紹介します!人気で、簡単なレシピって?

ほうれん草を使った簡単なレシピはこちらです!

ほうれん草のナムル

ほうれん草1束 ごま油大さじ1
塩小さじ1/2 鶏がらスープの素小さじ1
水小さじ2 いりごま適量

1.小鍋に、水と塩(分量外)を入れ沸騰したらほうれん草を入れて、サッと湯がく
2.水にあげて、水気をしっかりと絞る。
3.食べやすいサイズにカットする
4.ごま油、塩、鶏がらスープの素、水を混ぜ合わせてほうれん草に和える
5.お好みでいりごまを混ぜ合わせて完成!

とても簡単に作ることのできるレシピです。
ほうれん草を湯がくのではなく、耐熱容器に入れてレンジで加熱してもOKです!
もう1品たりないな、という時やお弁当のおかずにもピッタリですよ!

お好みで、ニンニクを少し加えても美味しいですよ。

ほうれん草のお吸い物

ほうれん草1/2束 卵1個 だし粉5g
水500cc みりん大さじ1 白醤油80cc 水溶き片栗粉30cc

1.鍋に水を入れて、ふっとうしたらだし粉を入れる
2.ほうれん草をしっかりと洗って、食べやすいサイズに切る
3.鍋の中にほうれん草を入れて、サイド沸騰したらみりん、白醤油を入れる。
味見をして、白醤油や水を足して好みの味に調節する。
4.水溶き片栗粉を入れる
5.卵をときほぐし、箸を伝わせるように鍋に入れる
6.軽くかき混ぜたら完成!

優しい味わいのお吸い物です。
卵とほうれん草の相性が抜群ですよ!ここに、お好みでごま油やいりごまを
くわえても美味しいです。

ほうれん草料理のレシピは?おひたしはめんつゆでも美味しく作れる?!

ほうれん草料理の定番といえば、おひたしではないでしょうか。
このおひたし、実はめんつゆを使っても作ることができるんですよ!
めんつゆを使う事でとても簡単に美味しいおひたしを作ることができるんです。

ほうれん草2束 2倍濃縮のめんつゆ80cc 水200cc
かつおぶし適量

1.沸騰したお湯でほうれん草を3分ほど湯がく
2.茹でたほうれん草を水にあけて、しっかりと水気を絞る
3.食べやすいサイズにほうれん草を切る
4.水とめんつゆを保存容器で混ぜ合わせておく
5.ほうれん草を加え、和えたら30分~1時間程度冷蔵庫へ入れておく
(1晩寝かせてもOKです!)
6.小鉢に盛り付け、鰹節をお好みでかけたら完成!

めんつゆを使う事で、調味料の分量を調節することが無く美味しいおひたしを
作ることができます。
めんつゆの濃縮によって水の量や、めんつゆの量を調整してくださいね。
いりごまをかけるのもおすすめです!

まとめ

ほうれん草は、簡単な調理でも美味しく食べることができます。
ダイエットに嬉しい成分だけではなく、ビタミンや鉄分なども豊富に
含まれているので、ダイエット中だけではなく普段から積極的に
摂りたい食材です。
今回紹介したレシピは特別な食材や調味料も必要が無く、簡単に作ることの
できるレシピばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です