美しいウエストのくびれを作るために知っておくべき位置は?ストレッチ方法は?




ほっそりとしたウエスト…。

これって女性の憧れの一つですよね。

ウエストがくびれていると、女性らしいラインも綺麗ですし、
お洋服もカッコ良く着こなすことが出来ます。

でも、綺麗なくびれを作るってなかなか大変…。

そんな悩みを抱えている方に、今日はくびれに効果的なグッズの選び方や
筋トレ方法等をご紹介してみたいと思います。

その前に、皆さんはご自分のウエストの正確な位置を把握していらっしゃいますか?

簡単に言うと、胴体の一番細い部分がウエストになるのですが、
自分のくびれがいまいちわからないという方は、
自分の体を左右どちらかに傾けたときに曲がる部分が一番くびれている位置。

つまりそこがウエストということになります。

理想的なウエストは、身長の高さによってもは変わってきますので、
ただ闇雲に細くすればいいと言うものでもありません。

自分にとって、一番理想的なウエストはどのくらいなのかを
きちんと把握した上でトレーニングが出来れば、
目標が定まりますので、モチベーションも上がってくるかと思います。

理想的なウエストサイズを知るための計算式ですが、「身長×0.37~0.39」となります。

例)身長が160㎝の方の場合
160×0.37~0.39=59.2~62.4cm
つまり、160㎝の女性の理想的なウエストサイズは
59~62㎝くらいということになります。

このように、ご自分の身長を当てはめて、
理想的なウエストサイズを計算してみて下さい。
きっといい目標設定になる事とおもいます。

ウエストにくびれを付けるためのお助けグッズは、目的に合ったものを賢く選ぼう!

ウエストダイエットグッズは、本当に沢山あります。

100均グッズから何十万円もするものまで、本当に様々です。

ですから選ぶ時に悩んでしまったら、くびれを作りたいだけなのか、
腹筋も含めて鍛えたいのか、全身を鍛えたいのか等、
どんな風に使うのかというハッキリとした目的を持って選ぶようにしましょう。

高い器具だから、効果も大きいとも限りませんし、
安いからといって効果が薄いわけでもありません。

それから、自分に合った物を選ぶと言う事も大事です。

使いこなせない物を使っていても、結局投げ出して終わってしまいます。
メーカー等の信頼性を重視する方は、
それも選ぶ際の条件に入れてもいいと思います。
毎日コツコツするトレーニングになりますから、
是非そのような事を考えながら、選んでみて下さいね。

ウエストのくびれを作るためには、肋骨と骨盤の位置を整えてから筋トレしよう!

くびれに効果のある筋トレをしても、
余り期待通りの効果が現れないという方の場合、
もしかすると、「肋骨と骨盤の距離が狭い」事が原因ということも考えられます。

なぜかと言うと、肋骨と骨盤の距離が広い方は、
割と簡単にくびれが出来るからなんです。
それを調べるには、拳を作って、脇腹の骨盤の上に拳を置いた時に、
肋骨とスキマがあるか無いかで分かります。
隙間があればくびれやすいですが、
隙間がなければ、くびれにくいということになります。

では、くびれにくい方はどうすれば良いのでしょう。
それは、近くなってしまった肋骨と骨盤の距離を、
本来あるべき位置に戻してあげてから、筋トレをすれば良いんです!

肋骨と骨盤の距離を広げるストレッチ方法は
①バスタオルをストレッチポールのように筒状に丸める
②ひもで縛り形が崩れないようにする
③へその裏に体に対して直角になるようにタオルを置く
④その上に寝転ぶ
⑤5分ほどその状態をキープする

ストレッチポールを持っている方は、それを使っていただければ良いのですが、
持っていない方は、バスタオルで代用できますので、
形が崩れないように紐で縛って使用してみて下さい。

このストレッチをした後で、今までやられていた腹筋やストレッチを続けていけば、
肋骨と骨盤の距離を広げた状態をキープしながらのストレッチになりますので、
きっと綺麗なくびれが出来ると思います。

まとめ

ストレッチは、根気よく気持ちよくが大切なのではと思います。

モデルさんのようにはならなくても、
貴女らしい魅力が滲み出てくるプロポーションになれれば、
大成功なのではないでしょうか。

頑張る方々のお役に立てれば幸いにおもいます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です