脂性肌に化粧水は必要ない!?化粧水をつけないとどうなるのかを解説!




脂性肌とは過剰に皮脂が分泌されている状態のお肌のことをいいます。

べたつきやテカリが気になるので化粧水はつけないという人もいるかもしれません。
それって本当に正しいスキンケアなのでしょうか?
今回は脂性肌の正しいスキンケア方法を徹底解説します!

脂性肌のスキンケア 化粧水不要論は間違い!

脂性肌に化粧水は必要です!

べたつきやテカリが気になる脂性肌には化粧水は必要ないと思われるかもしれません。
でもそれは間違いです。じつは脂性肌の方こそ化粧水を使ってほしいのです!

トラブルの無い理想的なお肌は水分と皮脂のバランスが取れた状態です。
脂性肌は水分が極端に少なく、皮脂の分泌が多くなっている状態ですので
化粧水などで水分を補給してあげる必要があります。
水分と皮脂のバランスが整うと過剰な皮脂分泌が抑えられるということです。

化粧水はその成分のほとんどが水分出来ています。
水分補給には最適なアイテムですので、脂性肌の方は必ず取り入れてくださいね。
べたつきやテカリを抑えるために拭き取り化粧水を使いたいという場合は、
次に保湿出来る化粧水を使うようにしましょう。

化粧水だけのお手入れも間違い!

化粧水を使っているから…と化粧水だけでお手入れを済ますのも間違いです。
化粧水は時間とともに蒸発していき、お肌の内部の水分も一緒に蒸発してしまいます。
ですので化粧水を使ったあとは乳液やクリームなどの油分を含むアイテムを
使って水分の蒸発を防ぐ必要があります。

自分のお肌に合った最適なアイテムを選んでみてくださいね。

脂性肌の洗顔って?今すぐ出来る最適な洗顔方法

皮脂の取りすぎは症状を悪化させる!

皮脂やテカリをごっそり取る洗顔フォームを使っていませんか?
じつはそれって間違いなんです!

脂性肌は皮脂が過剰に分泌されている状態のお肌とお伝えしましたが、
その皮脂を取りすぎると良くなるどころかお肌の状態は悪化してしまうんです。

少し話は変わりますが、あぶらとり紙を使ったことはありますか?
テカリやべたつきを簡単に抑えることが出来る便利なアイテムですが、
わたしはあぶらとり紙を使って脂性肌を改善することは出来ませんでした。

いま思えば皮脂を取りすぎて余計にお肌の状態が悪化していたんだと思います。

お肌の状態を良くするためには、お肌の水分と皮脂のバランスを整えることが一番です。

脂性肌のスキンケア今すぐ出来る洗顔方法とは?

大事なポイントはたった2つです。

①皮脂を取りすぎない、うるおいを与える洗顔フォームを選ぶ

すっきりさっぱりとした洗い上がりの洗顔フォームよりも
洗い上がりがしっとりしたものを選ぶ方が脂性肌にはおすすめです。

どうしてもすっきりさっぱりとした洗顔フォームは皮脂を取りすぎてしまいます。
同じくスクラブの洗顔料も避けた方が無難です。

うるおい成分(保湿成分)が配合されているものや、
洗顔後に使う化粧水と相性のいい洗顔フォームを選ぶのもいいかもしれません。

②洗顔するときは顔をゴシゴシと擦りすぎない

洗顔するときゴシゴシと顔に触れるとお肌がダメージを受けます。

お肌の一番外側には角質層と呼ばれる表皮があります。
角質層にはバリア機能という大事な役割がありますが、角質層が外部からの刺激などで
バリア機能が低下するとお肌の内部から水分が逃げてしまいます。

ですのでバリア機能を低下させないためにも、
お肌は擦らず優しく洗顔することが大切になります。

脂性肌スキンケア_まとめ

じつは脂性肌こそ水分を補給することが大切なんですね。

水分と皮脂のバランスが整うとお肌の状態は自然と良くなっていきます。
ぜひ化粧水は欠かさずにお肌のお手入れをしてみてくださいね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です