使えるゴルフクラブのセッティングを紹介!初心者におすすめ!




ゴルフクラブのセッティングとは、一回のプレイに持ち込める
14本までのクラブに何を選ぶかということです。

自分に適したゴルフクラブのセッティングをすることで、
プレイもどんどん上達していきます。

でも、初心者の方はどんなゴルフクラブのセッティングに
すればいいのか分からなくて迷ってしまいますよね。

今回はそんな初心者の方にも分かりやすいように、
初心者におすすめのゴルフクラブのセッティングを紹介します!

ゴルフクラブの特徴を知ろう!使い分けられるようになれば脱初心者!

ゴルフクラブは一回のプレイに最大14本まで持ち込むことができます。

でも初心者の場合は、そこまで多く揃える必要はありません。

まずは、必要最低限のゴルフクラブを揃えてみて、
そこから試行錯誤をしていき、増やしていくのはどうでしょうか?

その方が、ゴルフの面白みも増すのでおすすめですよ。

では、ゴルフクラブにはそれぞれどんな特徴があって、
どのように使い分ければいいのかを解説していきます。

ゴルフクラブは大きく分けて、ドライバー、フェアウェイウッド、
ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターの合計6つの種類から成り立っています。

ドライバーは、1打目を打つ時に使うクラブで、最も飛距離を出せるクラブです。

フェアウェイウッドは、その名の通りフェアウェイから打つ時に使うクラブで、
ドライバーと同じウッド形状をしています。

球が上がりやすいですが、ミスショットやダブりやすいのが特徴です。

ユーティリティは、フェアウェイウッドとアイアンの中間位をいくクラブで、
距離を稼ぐのに適したクラブです。

アイアンは、2打、3打目以降に使うクラブで、状況に応じて距離を打ち分ける
クラブです。

アイアンには、5番アイアンや6番アイアンなどと数字が付いていて、
その数字が大きいほど初心者にも打ちやすい特徴があります。

ウェッジは、グリーンの近くからピンを狙うときに使うクラブです。
バンカーから逃げ出す時にも使います。

パターは、グリーン上からカップにボールを入れる時に使うクラブです。
パターに限っては、必ずセッティングに入れなければならないクラブです。

自分の飛距離に合わせてセッティングしよう!おすすめとかってある?

おすすめのセッティングを紹介する前に、セッティングをする上で大事なことを
3つほど解説しておきます。

最初の方でも解説しましたが、セッティングする時に14本全てを
入れる必要はないということです。

初心者はコースを回る時に、どのクラブを使うべきか
結構悩むことがあるので、時間を無駄に費やしてしまいます。

ある程度本数を絞っておけば、その限られたクラブの中で自分のスタイルが確立します。

上手くなってきたら本数を増やしていき、上級テクニックを身につけるのがおすすめです。
次に大事なことは、それぞれのクラブの重量を揃えるようにすることです。

重さがバラついていると、スイングする時のフィーリングに影響が出てしまいます。
そして、自分があまり得意ではないクラブは抜いてしまうことです。

パターだけはグリーン上で必ず使うので、抜くことはできません。

ミスショットが多いクラブなどは、思い切って抜いてしまうのも大事です。

その逆で、自分が使いやすいクラブは積極的に入れていきましょう。

では、初心者におすすめのゴルフクラブのセッティングをいくつか紹介します。

まず、これだけ揃えておけばとりあえずは困らないセッティング例を紹介。

・ドライバー
・7番アイアン
・8番アイアン
・9番アイアン
・ピッチングウェッジ
・サンドウェッジ
・パター

次は、初心者に最適なオーソドックスなセッティング例を紹介。

・ドライバー
・3番ウッド
・5番ウッド
・6番アイアン
・7番アイアン
・8番アイアン
・9番アイアン
・ピッチングウェッジ
・サンドウェッジ
・パター

 

まとめ

ゴルフクラブのセッティングは、ある程度ルールを知っておけば、
自由にセッティングできるのでおもしろいです。

自分が使いやすいようにゴルフクラブを選ぶことで、
プレイも上達して応用の効いたテクニックもできるようになります。

最初のうちは難しいかもしれませんが、色々と悩みながら
自分にぴったりのセッティングを見つけてみて下さい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です