ゴルフ場ではどんな服装をすればいいの?ルールやマナーを紹介!




ゴルフ場では一体どんな服装をすればいいのか色々と悩みますよね。

とりあえず、動きやすい服装にしておけば問題ないだろうなどと
思ったりしてはいませんか?

実は、ゴルフ場によっては服装にルールがあるので、
しっかり守らないとプレーができない場合もあります。

また、各ゴルフ場によって服装のルールがそれぞれ異なってきます。
今回は、最低限守っておきたい服装のルールやマナー、
定番の服装なども併せて紹介していきます。

実際に1つのゴルフ場を例に取り上げて、服装のルールを紹介します。

服装ルールはゴルフ場によって異なるって本当?定番の服装を紹介!

ゴルフをプレーする時の定番の服装は、襟有りの白シャツ、黒か紺の
ジャケット、ベルト付きの白いパンツ、皮靴。

ちなみに、この服装パターンは規則が厳しいゴルフ場でも可能な服装です。
服装の規則が緩いゴルフ場だと、ジャケットを着用しなくても大丈夫なところも。
コーディネートの基本は、同色系の服装で揃えることです。
次に、ゴルフ場であまり好ましくないNGな服装を紹介します。

迷彩柄やアニマル柄の衣装など、ファッション性の高い衣装は厳禁です。
どうしてもファッション性にこだわりたいならば、チェック柄や
ワンポイント柄などの、シンプルなアクセントが効いた衣装にしましょう。

ゴルフをする時の服装は、各ゴルフ場の服装のルールに合わせながら、
同伴する仲間との雰囲気や関係、天候なども考慮して上手に選んでみましょう。
東京都青梅市にある「青梅ゴルフ倶楽部」のドレスコード(服装ルール)を
例に取り上げて紹介します。
入退場時の服装はブレザーを着用。ジーンズやカーゴパンツ、ホットパンツはNG。
スニーカーやサンダル、直接ゴルフシューズを履いて入場するのは厳禁。

ゴルフプレー時は、襟付きのシャツを着用して、裾はズボンの中に入れる。
Tシャツの着用は厳禁。
意外と細かく規則が決められていて、しっかりと守るのも大変ですね。

「青梅ゴルフ倶楽部」のドレスコードが掲載されているURLを貼っておきます。
https://www.omegc.co.jp/dresscode.php

服装に関するルールやマナーを紹介!気持ちよくプレーしよう!

ゴルフをする時だけではなく、ゴルフ場への入退場時にも
服装のルールがあります。

以前までは、革靴を履いてブレザーを必ず着用しなければいけないという
ゴルフ場が多かったですが、昨今では日本有数の名門コースなどを除いて、
革靴まで履かなくても大丈夫になりました。

それでも入場時にはブレザーを着用している人がいまだに多いです。
安価なものでも構わないので、ポロシャツにブレザーやジャケットを
羽織る感じのスタイルで整えてからゴルフ場に向かいましょう。

下半身はスラックスやチノパンなどを着用して、ジーンズや短パンは
禁止されているので避けるようにしましょう。

サンダルを履いてしまうのだけは絶対に避けてください。
ラウンドが終わり、ゴルフ場のお風呂で汗を流したら
着替えをしてから家に帰りましょう。

入場時と同じような服装で、襟付きのシャツかポロシャツに
ブレザーやジャケット、下はスラックスかチノパンに革靴が基本です。

このように、一応の服装のルールがあるものの、一般的に私たちが
出入りできるようなゴルフ場では、そこまで服装に厳しくはありません。

あまりにも派手な服装の場合や、他の人を不快に思わせるような
服装でない限り、そこまで堅苦しく考えることはありません。

一緒にゴルフをプレーする仲間との調和などを考えて、
自分なりに服装を色々と工夫してみてください。

まとめ

名門コースなどでは服装のルールが厳しく、場合によっては
入場を拒否されてしまうところもあります。

でも、一般的に私たちが入場できるようなゴルフ場では、
そこまで厳密な服装のルールはありません。
もっと気軽にゴルフを楽しんでもらいたいです。

最低限のルールとマナーを守って気持ちの良いプレーをしましょう。

人気のあるゴルフウェアを紹介!メンズとレディースのランキングも!

2019年8月18日



にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です