フルーツと青汁でダイエット!?本当に痩せるの?やり方もご紹介!




夏ももうすぐ、外でアクティブにやりたい事も増えるこの時期…
ですが夏になると服装も薄着になり、海へ行ったりプールへ行ったりと体のラインを見せることが多くなってきますよね。

夏に限らず、女性であれば体型が常に気になるはず。

ただ筋トレをすれば痩せるとは分かっていても中々まとまった時間がとれなかったり、短期間で痩せたい場合には筋トレはあまり効果が得られにくいです。

筋トレは長い期間を経て、太りづらい体にしてくれて基礎代謝も上がって行くので短期間で痩せたい人にはちょっと厳しいものがありますよね…

そこで食べ物で何か痩せられる物はないか?と気になる人も沢山いると思います。
今日オススメしたいのが「フルーツ」と「青汁」を使ったダイエットです。

効果はあるのか?どんな摂取の仕方があるのか?をご紹介致します。

フルーツと青汁の効果

フルーツと言えば女性は大好きな人が多いですよね。意外にもフルーツは美肌だけではなく、ダイエットにも効果的なのをご存知でしょうか?
フルーツに含まれる「ビタミンC」はダイエットへの効果がもたらされると言われています。

まずビタミンCは細胞の代謝を上げてくれる働きがあり、脂肪細胞へ無駄な栄養を与えない役割を果たす効果があります。
細胞自体は元気にさせるけど、太る原因となる脂肪細胞への無駄なエネルギーを与えることを防ぐ力があるので脂肪細胞が肥大化するのを防いでくれます。

それからビタミンCにはカルニチンという物質を活発にしてくれる効果もあります。
カルニチンは体脂肪を沢山燃焼させてくれる働きがあります。

そのカルニチンには「ビタミンC」がとっても重要です。
ビタミンCの量が少ない場合、体脂肪も上手く燃焼されず太りやすくなります。

これらを見てもダイエットにビタミンCは重要な役割をしてくれているのが分かりますね。

次に青汁の効果です。
青汁は苦手な人も多い飲み物ですが、実はとっても健康にはプラスな事が多くてダイエットにも効果があると言われています。

まず青汁には「食物繊維」が沢山含まれています。
その食物繊維の丘おかげで満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防止してくれる働きがあります。
それから食物繊維は便秘解消にも効果があるので、腸内環境を綺麗にしてくれる役割がありますね。

それから食事を摂る前に青汁を飲む事で、血糖値が急激に上昇するのを抑えてくれる働きもあります。
これは青汁に含まれるケールや大麦若葉などの原料がインスリンの分泌を抑えてくれて、糖の吸収を緩やかにする力があるのです。

青汁とフルーツどちらにもダイエットには不可欠や栄養素や効果があるのが分かりますよね。

フルーツと青汁の摂取方法とレシピ

さてフルーツと青汁の大きい効果が分かった所で次はどのようにして摂取すれば良いのか?の方法をご紹介致します。

1番おすすめしたいレシピは「青汁豆乳バナナ」です。
まず豆乳を200㎖用意し、バナナ一本分(一口サイズ位に切る)と粉末の青汁一包を用意するだけです。

これを全てミキサーに入れ混ぜ合わせれば完成です!それ以外にもイチゴやリンゴなど好きなフルーツを混ぜたい人は一緒に入れてミキサーにかけても美味しいですね。

青汁だけだと苦くて飲みづらい人にもバナナの甘みが加わる事でとてもまろやかになり飲みやすくなります。
バナナの甘みがあるため、豆乳は無調整のものを選ぶようにしましょう!

1日1回食前の30分前に飲むのが効果的です。
夕食前に飲むと食べ過ぎも防止できたり、夜寝ている間にジワジワと食物繊維が効いて朝の便通も良くなるメリットもあるので夕食30分前に飲むことをお勧めします。

早い人だと3週間ほどで2キロ痩せる人もいるそうですよ!

ぜひ試して見てください!

フルーツと青汁でダイエット_まとめ

青汁は元々健康にも良いと言われてきましたが、苦くて飲みづらい…と敬遠する人も多いですよね。

ですが豆乳とフルーツを混ぜる事で飲みやすくなり、ダイエットにも効果的ですので毎日の夕食前に一杯飲んで体の中からデトックスをして更に痩せやすい体作りを目指しましょうね!

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です